2008年02月24日

猫俳句よろしくお願いニャン

nekohaiku001ds.jpg
nekohaiku003dl.jpgnekohaiku004dl.jpg

2008年2月22日、ニャンニャンニャンで猫の日です。いい天気です

『猫俳句』ケータイで詠む、ねこゴコロ。
という写真ムック本が誕生しました。
私たちの俳句志「もののふの会」が編集のお手伝いをしました。

(会は、大それたものではなく、その時々の俳句活動での集まりです)
(会員は猫なので、つなぎ留められません)
(心意気と志はあって、ちゃんとした約束事はないです)
(昔は句会や吟行や勉強会、今は「独演!俳句ライブ」を行っています)
(俳句の傾向は、有季定型・自由律・回文・最近は猫俳句と柔軟です)

『猫俳句』の発刊を契機に、ここにブログ「猫俳句」を作りました。
どーぞ、どなた様も猫俳句の広場に集まって来て下さい。
そして猫シャメ 、猫俳句を楽しみましょう。
_____________________________
(=^・^=)=^・・^=)猫俳句へのみづくろい(=^・・^=(=^・^=)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・思い立ったら猫日これ好日、即猫俳人。
・俳号名乗ってその気に…。
・形は五七五ですが、足りなくても飛び出しても猫だからいいでしょう。
季語猫ワードを入れましょう。猫のヘソです。
・ヘソはなくても猫景が見えれば猫俳句。
・猫ワードを見つけたり作ったり、猫俳句ならでは楽しみです。
・記号・顔文字・絵文字入りもかまいません。
・普段の言葉で作りましょう。口語現代仮名遣いで。
 「ふだん着でふだんの言葉猫俳句」
・猫ですから、じっと見たり、じゃれたり、うとうとしたり…。
・テキストは、もちろんムック本『猫俳句』です。これでバッチリ。
・師匠はどこにでもいらっしゃる猫様です。 「猫のことは猫に学べ」
 野良猫先生、家猫先生、どら猫先生、古老猫先生、子猫先生、
 泥棒猫先生、化け猫先生、メタボ猫先生、ひきこもり猫先生、
 眠り猫先生、招き猫先生、山猫先生。黒猫先生、タマ先生、
 …ああ、猫先生がたくさんいらっしゃいます!

  こねこねこ猫の子かわいいこねこねこ
  ミーちゃんは食べては寝てのメタボ軍
  たんぽぽが飛んでいきますボンジュール
 (同書より)
______________________________

猫俳句』ケータイで詠む、ねこゴコロ
2008年3月 世界文化社
ISBN: 978-4-418-08203-2 (4-418-08203-4)
税込 1,155円 A5判 95P 縦21cm
帯文は女優・福田沙紀「つい顔がふにゃ〜てなる、猫にキューン♡」
【関連する記事】
posted by 二健 at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。